FC2ブログ

君の走りに恋してる

ダイエットのために走り始めた人が、美ジョガー目指してあれこれ奮闘するサイト

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランニングを7年続けて得たもの  

自分で言うのもなんだけど、「口にした約束は守る」ところが、私の長所の一つだと思っている(´∀`=)

衆議院議員総選挙が行われた、本日10/22(日)。
とても貴重な集まりが開催されました。

【台風が接近中の最中に、品川に集合した猛者たち】

・kinさん
・ほしこさん
・マルさん
・かるりーのさん
・アレキさん
・ハロさん
・ちゃららさん
・san-anさん
・うーぱぱ
・華

何このレアな人たち・・・!!!
(自分も含める)

kinさんが久々に東京にいらっしゃるということで、うーぱぱさんが企画してくださいました。
私にも声かけていただけるなんてありがたいです!

実は少し躊躇したんですけどね、参加していいものか。
存在を忘れられていたらどうしようかと…。
でも皆さんに会いたい気持ちのほうが大きくて、勇気を出して行ってみることにしました。

みんながお互い久しぶりの再会だったので、杞憂だった(笑)


ほぼ定期的にブログを更新しているメンバーではないので、誰も写真を撮らず。
そして誰も記事にしないと思われる(笑)

私も当然書くつもりはなかったけど、ハロさんに、「ブログ書いてね!」と言っていただいたので、久しぶりに自分のブログを開いてみました。
久々なので、今日中に書き上げられるかが一番の心配だった~。


「ランニングを8年続けた私が得たもの」について。

走ることをきっかけで出会えた人たち、というのは私が得たものの1つです。

ランニングをやめたらランニング関係の人に会わない、という考え方もあるかもしれない。
(実際にやめてから会ってない人のほうが多いし)
でも、こうして声をかけてもらえるなら、その繋がりは大切にしたいと思っています。

大人になってからの新しい出会いってホントに少ないもんね。

まぁ・・・大切にしたい、という割には、
「華さんから声をかけることってないよね」
と言われたりもしますがε-(´∀`; )

最近は、人間関係を大切にしたいなぁ、と思っています。


ランニングを続けて得たものの、もう1つ。
実はこちらのほうが大きいんじゃないかと思ってる。

「目標に対して、継続して努力する習慣」。

ランニングをやめてからのことを少し話すと、仕事関係の資格の勉強してました。
国家資格で、身近にいる合格者は数年かかって受かったという人が多いです。
当然、ある程度長期的に勉強計画を立てないと難しい。

そういうのに対して、地道に努力するコツが掴めるようになったような気がします。

それまでは、どちらかというと根性なしでコツコツ努力するのが苦手なタイプだったので。
(そのくせ負けず嫌い)

ちなみに、昨年初めて受けてみて不合格でした。
一発で合格するつもりで臨んだんだけどねー。

そして今年は結果待ちの状態です。
自己採点してみた結果では、マークシート間違いとか、すっとぼけた勘違いをしていなければ、多分合格してるんじゃないかと思う(´∀`=)
で、今は違う勉強を始めたりしています。

勉強苦手な人でしたが、今はいろんなことを学ぶのが楽しいです。
自分でもね、随分変わったなぁと思う。
考え方とか、物事に対する取り組み方とか。

走ることに対して一生懸命だったことが、今に繋がってるんだよね。


というわけで、何かに向けて一生懸命取り組んだ経験は、思った以上に、私という人を向上させるきっかけになったという話でした。

ではでは、また気が向いたときにお会いしましょう!
関連記事
スポンサーサイト

人は変わるもの。だけど繋がり続けることはできる  

先日、高校時代の同級生2人と会ってランチをしてきました。

みんなそれぞれ住む場所も生活環境も変わったので、会えるのは数年に1回くらい。
お互いの近況を知ることができる良い機会です。


同級生って不思議な関係だなぁと思う。

たまたま同じ年に生まれて、同じ学校で時間と思い出を共有しただけ。
だけどその中で気が合えば、今でも連絡を取り合うことができる。
そんなにしょっちゅう会うことはないけど、久々に会えば話すことはたくさんある。

出会いってそういうものですよね。

職場の同僚でも。
ご近所さんでも。

たまたま同じ時期に同じ場所にいたという巡り合わせ。

きっかけなんて些細なことで、そこからどういう関係を築いていくかは、自分と相手との気持ち次第だと思います。

もしかしたら明日、駅で偶然声をかけた人と、一生の縁ができる可能性だってあるかもしれない。


人は変わり続けていく。
誰だって永遠にその場に留まっていることはできないのだから。

それでも、お互いに思う気持ちがあればその関係を大切に育てていくことはできると思うのです。

会いたいと思えば、いつだって会える。
そうできるかどうかは、大切にしたい人間関係のために行動を起こせるか、ただそれだけなんじゃないかな。

世界は思っているよりもシンプルだ。

と、最近思ったことを書いてみたのでした。
関連記事

チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 締め  

チャレ富士レポ、レースのあとのお話です。


やー・・・やったね、走り切ったね。
(↑ゴール直後の感想)

感動で涙が出る、みたいな気持ちにはならなくて。
どちらかというと「完走できた・・・」という安堵と達成感でいっぱいでした。
だからゴールしてK12R2さんとデグチさんにお会いしたときが、この日初めて心から笑えた瞬間だったと思う。

ちょっとおしゃべりしてからコテージへ。

コテージまで歩いて帰れる距離ってホントありがたい。
そして歩いてても凍えるような寒さじゃなくて良かった。
それから普通に歩いて帰れる状態で良かったなぁぁぁ。

と思いながらゆっくり歩いていると、会場に向かう途中のマーマンさんとばったりお会いした。
ご自身はリタイアされて辛いはずなのに、私の完走を「おめでとう」って言ってくれて。
ちょっと心が弱っていたのですごく嬉しかったです((´∀`))


コテージに戻るときぐまさんがいらっしゃった。
とりあえずお風呂に入らないとゆっくり休むこともできないので、用意をしてすぐにお風呂へ。

一つ一つの動作に苦しみつつお風呂から出ると、今度はアレキさんとばったり。
なんだか知り合いにお会いすると嬉しくて嬉しくて。
戦地から無事に帰還できたような心境だったのかもしれない。

そのあとはコテージに戻って、補給とばかりに山ちゃんさんからいただいたお菓子や飲み物をもぐもぐしてました。

その頃がちょうど最終ランナーがゴールするであろう時間帯。
普通の状態なら走って会場に向かうのですが、立ち上がるのも座って上半身を起こしているのもしんどい状態で、ゴール時間までに会場にたどり着ける自信がなかった(笑)

そんなわけで皆さんが戻ってくるまで自分のスペースでだらだら横になっておりました、すみません(´д`;)


当日帰る方々は少しずつ帰っていき、後泊するメンバーでBIGBOYへ~。
よく考えたら現地に着いてから男性陣とまともにお話しする機会がなかったのね。
このときが唯一お話しできたタイミングでした。

コテージは電波状況がかなり悪かったので、みんなここぞとばかりにネットに接続。
やっと他のレースに出られた皆さんの速報などをチェックできた。

そのあとは男性陣のコテージにまだお酒が残っているらしいという情報を聞きつけ、いっちさんと男性陣コテージにお邪魔してワインをいただく。
あ、ちょっとだけね。

さすがに100km走ったあとにお酒を飲むのは体に悪いんじゃないかなぁ、とためらっていたら「もう充分身体に悪いことしてるから」とのつっこみ。確かに(笑)
適度に飲んでコテージに戻りってお休みなさい・・・zzz


翌朝は鳥のさえずりが聞こえる中で起床。
特に寝つけないとか夜中に目が覚めることもなく、しっかり寝ることができて安心した♪

外に出るとさわやかな空気。
うん、これが普通よね。
夜明け前に真っ暗な中、顔を洗いに行くとか非日常だからね。

帰りはきんきんさんと一緒に、いっちさんの車のお世話になりました。
女子だけの車内というのはなごむ~~~☆
いっちさん、お疲れのところホントにありがとうございましたヽ(≧▽≦)ノ


こうして、私の初めてのウルトラマラソンが終わりました。

振り返ると・・・やっぱり「楽しかった」としか言えない(笑)
それはもちろん関わってくれたすべての方のお陰です。

レースにエントリーする前、
走ることを決めてから、
会場までの道のり、
レース中はもちろん、
走り終わって家に帰るまで、
たくさんの方に支えてもらわなければ楽しく終えることができませんでした。

チャレンジ富士五湖、参加して良かったです。
本当にありがとうございました!



にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ 人気ブログランキング
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。