FC2ブログ

君の走りに恋してる

ダイエットのために走り始めた人が、美ジョガー目指してあれこれ奮闘するサイト

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランニングを7年続けて得たもの  

自分で言うのもなんだけど、「口にした約束は守る」ところが、私の長所の一つだと思っている(´∀`=)

衆議院議員総選挙が行われた、本日10/22(日)。
とても貴重な集まりが開催されました。

【台風が接近中の最中に、品川に集合した猛者たち】

・kinさん
・ほしこさん
・マルさん
・かるりーのさん
・アレキさん
・ハロさん
・ちゃららさん
・san-anさん
・うーぱぱ
・華

何このレアな人たち・・・!!!
(自分も含める)

kinさんが久々に東京にいらっしゃるということで、うーぱぱさんが企画してくださいました。
私にも声かけていただけるなんてありがたいです!

実は少し躊躇したんですけどね、参加していいものか。
存在を忘れられていたらどうしようかと…。
でも皆さんに会いたい気持ちのほうが大きくて、勇気を出して行ってみることにしました。

みんながお互い久しぶりの再会だったので、杞憂だった(笑)


ほぼ定期的にブログを更新しているメンバーではないので、誰も写真を撮らず。
そして誰も記事にしないと思われる(笑)

私も当然書くつもりはなかったけど、ハロさんに、「ブログ書いてね!」と言っていただいたので、久しぶりに自分のブログを開いてみました。
久々なので、今日中に書き上げられるかが一番の心配だった~。


「ランニングを8年続けた私が得たもの」について。

走ることをきっかけで出会えた人たち、というのは私が得たものの1つです。

ランニングをやめたらランニング関係の人に会わない、という考え方もあるかもしれない。
(実際にやめてから会ってない人のほうが多いし)
でも、こうして声をかけてもらえるなら、その繋がりは大切にしたいと思っています。

大人になってからの新しい出会いってホントに少ないもんね。

まぁ・・・大切にしたい、という割には、
「華さんから声をかけることってないよね」
と言われたりもしますがε-(´∀`; )

最近は、人間関係を大切にしたいなぁ、と思っています。


ランニングを続けて得たものの、もう1つ。
実はこちらのほうが大きいんじゃないかと思ってる。

「目標に対して、継続して努力する習慣」。

ランニングをやめてからのことを少し話すと、仕事関係の資格の勉強してました。
国家資格で、身近にいる合格者は数年かかって受かったという人が多いです。
当然、ある程度長期的に勉強計画を立てないと難しい。

そういうのに対して、地道に努力するコツが掴めるようになったような気がします。

それまでは、どちらかというと根性なしでコツコツ努力するのが苦手なタイプだったので。
(そのくせ負けず嫌い)

ちなみに、昨年初めて受けてみて不合格でした。
一発で合格するつもりで臨んだんだけどねー。

そして今年は結果待ちの状態です。
自己採点してみた結果では、マークシート間違いとか、すっとぼけた勘違いをしていなければ、多分合格してるんじゃないかと思う(´∀`=)
で、今は違う勉強を始めたりしています。

勉強苦手な人でしたが、今はいろんなことを学ぶのが楽しいです。
自分でもね、随分変わったなぁと思う。
考え方とか、物事に対する取り組み方とか。

走ることに対して一生懸命だったことが、今に繋がってるんだよね。


というわけで、何かに向けて一生懸命取り組んだ経験は、思った以上に、私という人を向上させるきっかけになったという話でした。

ではでは、また気が向いたときにお会いしましょう!
スポンサーサイト

人は変わるもの。だけど繋がり続けることはできる  

先日、高校時代の同級生2人と会ってランチをしてきました。

みんなそれぞれ住む場所も生活環境も変わったので、会えるのは数年に1回くらい。
お互いの近況を知ることができる良い機会です。


同級生って不思議な関係だなぁと思う。

たまたま同じ年に生まれて、同じ学校で時間と思い出を共有しただけ。
だけどその中で気が合えば、今でも連絡を取り合うことができる。
そんなにしょっちゅう会うことはないけど、久々に会えば話すことはたくさんある。

出会いってそういうものですよね。

職場の同僚でも。
ご近所さんでも。

たまたま同じ時期に同じ場所にいたという巡り合わせ。

きっかけなんて些細なことで、そこからどういう関係を築いていくかは、自分と相手との気持ち次第だと思います。

もしかしたら明日、駅で偶然声をかけた人と、一生の縁ができる可能性だってあるかもしれない。


人は変わり続けていく。
誰だって永遠にその場に留まっていることはできないのだから。

それでも、お互いに思う気持ちがあればその関係を大切に育てていくことはできると思うのです。

会いたいと思えば、いつだって会える。
そうできるかどうかは、大切にしたい人間関係のために行動を起こせるか、ただそれだけなんじゃないかな。

世界は思っているよりもシンプルだ。

と、最近思ったことを書いてみたのでした。

お礼と、100km走ったあとの様子  

今日から日常生活に復帰しております。

まずはじめに。
ウルトラ完走にたくさんのおめでとうメッセージをありがとうございました(≧∇≦)
ハーフとかフルの自己ベスト更新とは違う感覚で、じんわりじんわり喜びを噛みしめております。
100km走りきったんだな~~~…ってただもうそれだけ。

コメントの返信は遅くなるかもしれませんが、少しずつ返させてくださいね。


さて、100km走ったダメージはというと。

まずは当然、筋肉痛(笑)
完走直後は初フルと同じくらいの筋肉痛でした。
いや初フル以上かな?
手摺りを使わないと階段の上り下りができないし、立ってる時も身体を支えきれなくてよたるくらいでしたから。

でも想像してたのはもっとひどい状態だったので「ウルトラのダメージってこれくらいなんだな~」と冷静に受け止めることができました。
頭が冷静で良かった(笑)

走り終わって2晩が経過していますが、筋肉痛が弱まる気配は全くなし。

階段はそーっとしか降りれません。
上りはまだマシだけど下りはキツすぎる…
通勤中とか職場では変に思われないように頑張って早く(というか普通のペースで)降りるんだけど、思わず息を止めてしまうくらい痛い。

そして腹筋とか肩周りとかも筋肉痛なので動きが全体的に遅いです。


それから擦り傷。
過去に長時間走ったときにも何度か擦り傷を作ってしまってたので、今回もワセリンたっぷり塗りたくって対策しました。

が、鎖骨の下あたりが思いっきり擦り剥けてた…

後半走ってるときにピリピリきてたのでそんな予感はしたんですけどね。
お風呂入ったときにものすごい傷にしみて「くぅぅ・・・(>人<;)」となりました。

レース当日は50km過ぎまでずっとお腹の調子が悪かったので(冷え対策とかも含めて)ファイントラック着れば良かったなぁというのが今回一番の反省点。

まーそれ以外の場所は無事だったからいいほうか。


それから家に帰宅するまで気づかなかったけど、右足親指の爪が死んでました…ε-(´∀`; )
もともと半分死にかけてたところに致命傷を与えてしまったみたい。

故障的な痛みはないけど、この爪はかなり痛いのでしばらく走れなさそう。
というわけでしばらく大人しくする所存です。

以上がわかりやすい外傷。


それ以外の内臓的な部分でいうと。

レース直後は特に問題なし。
夜ご飯も普通に食べたし、ワインもちょっと飲んだし。
普通に寝て、普通に起きて。

だけど帰宅する日(昨日)は時おり眠気が襲ってきまして。
普段はお昼寝とかしないタイプだけど、家に帰ってから夕方2時間ほど睡眠とりました。

その後は復活したけど夜も普通に寝れちゃう。
睡眠は偉大だな~と感じております。


あと、なぜか味覚がちょっと変なことになっています。
味を感じるセンサーが半分くらい落ちてる感じ。

こんなところでしょうか。


これから数日かけてレポ書いていこうと思います。
思い出と記録と、いつか誰かの役に立つかもしれないのでね。

えぇ書きますよ、きぐまさん
…とりあえずレポは(笑)


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ 人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。