君の走りに恋してる

ダイエットのために走り始めた人が、美ジョガー目指してあれこれ奮闘するサイト

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 締め  

チャレ富士レポ、レースのあとのお話です。


やー・・・やったね、走り切ったね。
(↑ゴール直後の感想)

感動で涙が出る、みたいな気持ちにはならなくて。
どちらかというと「完走できた・・・」という安堵と達成感でいっぱいでした。
だからゴールしてK12R2さんとデグチさんにお会いしたときが、この日初めて心から笑えた瞬間だったと思う。

ちょっとおしゃべりしてからコテージへ。

コテージまで歩いて帰れる距離ってホントありがたい。
そして歩いてても凍えるような寒さじゃなくて良かった。
それから普通に歩いて帰れる状態で良かったなぁぁぁ。

と思いながらゆっくり歩いていると、会場に向かう途中のマーマンさんとばったりお会いした。
ご自身はリタイアされて辛いはずなのに、私の完走を「おめでとう」って言ってくれて。
ちょっと心が弱っていたのですごく嬉しかったです((´∀`))


コテージに戻るときぐまさんがいらっしゃった。
とりあえずお風呂に入らないとゆっくり休むこともできないので、用意をしてすぐにお風呂へ。

一つ一つの動作に苦しみつつお風呂から出ると、今度はアレキさんとばったり。
なんだか知り合いにお会いすると嬉しくて嬉しくて。
戦地から無事に帰還できたような心境だったのかもしれない。

そのあとはコテージに戻って、補給とばかりに山ちゃんさんからいただいたお菓子や飲み物をもぐもぐしてました。

その頃がちょうど最終ランナーがゴールするであろう時間帯。
普通の状態なら走って会場に向かうのですが、立ち上がるのも座って上半身を起こしているのもしんどい状態で、ゴール時間までに会場にたどり着ける自信がなかった(笑)

そんなわけで皆さんが戻ってくるまで自分のスペースでだらだら横になっておりました、すみません(´д`;)


当日帰る方々は少しずつ帰っていき、後泊するメンバーでBIGBOYへ~。
よく考えたら現地に着いてから男性陣とまともにお話しする機会がなかったのね。
このときが唯一お話しできたタイミングでした。

コテージは電波状況がかなり悪かったので、みんなここぞとばかりにネットに接続。
やっと他のレースに出られた皆さんの速報などをチェックできた。

そのあとは男性陣のコテージにまだお酒が残っているらしいという情報を聞きつけ、いっちさんと男性陣コテージにお邪魔してワインをいただく。
あ、ちょっとだけね。

さすがに100km走ったあとにお酒を飲むのは体に悪いんじゃないかなぁ、とためらっていたら「もう充分身体に悪いことしてるから」とのつっこみ。確かに(笑)
適度に飲んでコテージに戻りってお休みなさい・・・zzz


翌朝は鳥のさえずりが聞こえる中で起床。
特に寝つけないとか夜中に目が覚めることもなく、しっかり寝ることができて安心した♪

外に出るとさわやかな空気。
うん、これが普通よね。
夜明け前に真っ暗な中、顔を洗いに行くとか非日常だからね。

帰りはきんきんさんと一緒に、いっちさんの車のお世話になりました。
女子だけの車内というのはなごむ~~~☆
いっちさん、お疲れのところホントにありがとうございましたヽ(≧▽≦)ノ


こうして、私の初めてのウルトラマラソンが終わりました。

振り返ると・・・やっぱり「楽しかった」としか言えない(笑)
それはもちろん関わってくれたすべての方のお陰です。

レースにエントリーする前、
走ることを決めてから、
会場までの道のり、
レース中はもちろん、
走り終わって家に帰るまで、
たくさんの方に支えてもらわなければ楽しく終えることができませんでした。

チャレンジ富士五湖、参加して良かったです。
本当にありがとうございました!



にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ 人気ブログランキング
スポンサーサイト

これがウルトラなんだね チャレ富士レポ10   

長かったチャレ富士レポ、レース編は今回で最後です。


河口湖周辺だと思うのですが、K12R2さんが車で応援に来てくださいました。
体調不良でリタイアされたにも関わらず、応援に回る・・・ってそうそうできることじゃない。
とても嬉しかったです、ありがとうございますヽ(≧▽≦)ノ

20150419-r2-01.png
(K12R2奥様スポーツ)

「チャレ富士はゴール手前の3kmが上り」。
それはコースをほとんど知らない私でさえ知っているポイント。

・・・でもね、キツいところはそれ以外にもたくさんあるのですよー!

市街地まで戻ってきたけれど、整備されているまっすぐな上り坂というのはかなり心折れる。
これだったらスタート会場付近の上りの方がまだマシだよ・・・
↑数十分後に撤回することになる

西浜小中学校付近のブログ村エイドで、のべさんから「最後の3kmは歩いていいからそれまではがんばって走って!」と言われてた。
でも・・・のべさんごめんなさい・・・そこまでもたない~(´д`;)

周りを走っているのはずっとほとんど同じ人。
走ると追い抜かすけど、歩いてるとまた抜かされるのです。
みんな歩いたり走ったりの繰り返し。

ここまでくると「歩くのは20歩だけ」ルールとか完全無視で、できるだけ走る、ただそれだけ。


そしていよいよ「ステラシアター②」エイドに到着した。
この時点でスプリットタイムは11時間くらい。
前日、ここを車で通った時にR2さんから「ここからの5kmは1時間かかるとみたほうがいい」と言われていたので、12時間ちょうどくらいでゴールできるかな、と漠然と思ってた。

ここからが歩いてもいい区間。というか見事に走れない。
気持ち的にはさっきまでの舗装された上り坂よりラクなのに、足が上がらない。
100mほど走ると歩いてしまう始末。

しかもほぼ歩いているというのに、ハーハーいうのが収まらない。
なんだこれ?疲労のせい?標高高いから?
止まれば落ち着くかな、と思うけど止まってたら苦しい時間が延びるだけだし・・・とハーハー言いながら歩く。

そしてここで気づく悲しい事実。

私・・・歩きになるとめちゃくちゃ遅い。
ちょっと走って前の歩いてる人を抜かしても、私が歩き始めるとすぐに抜かされてしまう。
山中湖あたりから気になってた股関節の違和感が、ここにきて存在感を増してきたのでした。

走ると心肺に支障が。
歩くと股関節の違和感が。
どっちにしても苦しい(笑えない)

坂の途中の私設エイドでミルクティーをいただき、とぼとぼ歩いていると72kmエントリーの男性に声をかけられた。
「この坂、走れないですよねぇ」とおっしゃったその男性は、しばらく一緒に歩いたあと走って上っていかれた∑(゚д゚;)


永遠に続くと思われた上りを歩きたおして下りへ。
しっかり歩いた分、下りは走らなければ・・・と思うも、足が固まってきて動かなくなってきた。
うぐぐ・・・走らないと固まる・・・

いよいよ競技場が見えてきたところで、MCに名前を呼んでいただく。
スタート時は競技場内を1周したけど、ゴール前も1周するのかなぁ・・・そうだったらかなり気持ち萎えるなーと思いながら競技場内へ。

やった、競技場入ってすぐゴールだぁぁぁ!

ゴールゲートの横にある電光掲示板が目に入った。
11:58・・・56,57,58・・・
わわわ・・・!と慌ててダッシュ(自分比)。

よく考えたら12時間まであと1分あったのだけどね。
上り坂を歩いているときは「もータイムとかどーでもいー・・・」と思っていたのにね。

「ゴールは笑顔で!」というロボッチさんの言葉を思い出し、笑顔でゴール!

20150419-r2-02.png
(K12R2奥様スポーツ)

100km - 1:30:50(9:05/km)
TOTAL - 11:59:00(7:11/km)

あと一回だけ、ゴール後のことなどについて書きます。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ 人気ブログランキング

やっぱり仲間の力は偉大 チャレ富士レポ9  

そういえばウルトラの装備について書き忘れていたこと。
シューズはフルの勝負シューズでもあるウェーブアミュレット3でした。
理由はこれ以外に痛くならないシューズがなかったから(笑)

それから今回ウルトラのために唯一買ったのがソックス。



RxL SOCKSのトレイル&ウルトラ専用ソックス「TRR- 30G」。
これで走ってる間は問題なかったし、マメもできなかった~♪
・・・爪は死んじゃったんですけどねε-(´∀`; )


精進湖は100kmのコースだと一番最後にたどり着く湖です。
この湖をぐるっと1周して、折り返し。

…というのは走り終わってから知ったのですが(笑)

実際に走ってるときは、コースを把握してないどころか、それぞれの湖の位置関係すらわかっておりませんでした(勉強不足)。
そのため、レース中は自分がどのあたりを走っているのか、どこから折り返しなのか全くわからず。
このあたりが一番キツくて意識朦朧。
ただ目の前の道を走るのみです。

そんな状態のところに・・・レイさんNAOさんエイドが~~~ヽ(≧▽≦)ノ
いらっしゃるとは聞いていたけど、詳しい場所を知らなかったのでお会いできるかわからなかったのです。

前後にはエイドもなくて寂しい場所。
そこでランナーを応援するのも大変だったのではないかと思います。

お会いするや否や弱音を吐く私。
そんな私に優しい言葉をかけてくださるレイさん。
あたたかい励ましのお陰で、何とか再び走り出すことができました。
ホントにありがとうございました!

応援の力は本当にすごい。
ここからしばらくは立ち止まることなく淡々と走ることができました。


やっと第5関門の「旧精進小学校」(第4関門は118kmの人のみ)に到着。
精進湖に着く前からエイドで止まるようにはなってたけど、ここで初めて一息つく感じのゆっくり休憩。
やっと普通の精神状態に戻ってきたかな。

そこからしばらく走り、精進個を1周してとうとう復路。
ここからまたしばらくアップダウンだ・・・(´д`;)

最初の上りをとぼとぼ歩いていたら、ローラさんが駆け下りてきた。
30kmあたりでお会いしたときよりもぜんぜん元気に見える。
そしてその直後、「はなーーー!」という叫び声とともにきんきんさん。

やっぱり女子って強い!
2人の笑顔に、「こんな弱ってる場合じゃないや」と力をもらった。


あとは来た道を帰るだけ、と思うと気持ちも軽くなる。
77.7kmの「西湖野鳥の森公園エイド②」の手前でデグチさんが待っててくれた。
予想外のところで会えるのはとっても嬉しい!

11150200_797243583704369_79.png
(デグチスポーツ)

「みんな西浜小中学校のところにいるよ」と教えてもらう。
よし、とりあえず西浜小中学校まで頑張ろう。
西浜小中学校が何km地点かわからないけど。

時々しんどい・・・と思うも、「いやでもこのツラさを知るためにここまで来たんだよねー・・・」と自分に言い聞かせる。
ホントにそのために来たから文句言えない、と思うと走るしかない(笑)

80km - 1:14:55(7:29/km)
TOTAL - 9:13:51(6:55/km)

西湖の湖沿いでいっちさんを発見。
阿部ちゃんととても楽しそうに写真を撮っていらっしゃった。
すごい・・・なんて元気なんだ。

ウルトラって楽しんだ人が勝ちなのかも、と思う。
そして楽しんで走ってる人が1番強いのかもしれない。

でも私はこれからも苦しそうに辛そうに走るんだろうな。
そしてそれが私の楽しみ方なんだろうな。


何も考えずにひたすら足を動かし、85.4km「西浜小中学校」まで戻ってきた。
ブログ村エイドはどこかな~と思いつつDNSプロテインバーをもぐもぐ。

すると「西浜小中学校」エイドを出てすぐのところにブログ村エイドが!
休憩したばかりだけど当然寄り道。
わーい、と駆け寄ってみるものの口から出てくるのは「もう疲れたー早く帰りたいー」とグチのオンパレード。
そしてそんな私を励ましてくれる優しすぎる人たち。

感謝の気持ちを抱きつつ、でも全身から負のオーラを発しながら再び走りだしました。


残りの距離は20kmを切ってる、もう日常的に走る距離だ。
頭ではそうわかっていてもなかなかその距離が短くならない。

このあたりからコースに立ててある距離表示を気にするようになっていた。
エフランくんはすでに3kmくらいずれていたのでいちいち計算する気力もなく、距離表示だけが心の支え。

90km - 1:14:19(7:26/km)
TOTAL - 10:28:10(6:59/km)

とうとう市街地まで戻ってきた。
残りは10km切ってる・・・でもここからが戦いどころなのでした。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ 人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。